2018/01/17

今年初めての本降り

年が明けてから天気に恵まれ、とりわけ快晴の日が多かったわけですが、今日は久し振りに本格的な雨になりました。昼前は小雨でしたが午後は予報どおり本降りとなり後半は風も強くなってしまいました。平日の火曜・水曜は比較的来場者が多い日ですが、さすがに今日の午後は閑散としていました。その分昨日はやや来場者が多めだったようです。
今日は1st・3rdポンド共にシルバー×ブルーやシルバー×ピンク等のメタリック系スプーンへの反応が良かったようです。初めて開成FSへ来られ3時間で2尾キャッチ(バラシ2、3尾程)した方は、ラメ入りのメタリックグリーンやカラシ色のスプーン(1.8〜2.2g)で釣れたそうですが、隣で釣れていた方はシルバー系のスプーンだったそうです。
食いが浅くバラシもかなりありますが、良型でパワフルなスチールヘッドが掛かるとラインブレイクやフックが折られる方が続出しています。今日もラインブレイクされている方は複数ありました。先日の日曜日も油断して2.5Lbラインを新たに巻いて来られた方は、ラインブレイクを頻発し急遽手持ちのPEラインを使用していました。ナイロンラインの場合、3〜3.5Lbは必要かもしれません。それでも心配な方やドラグ調整に自信のない方は4Lbラインをご用意ください。
平日の木曜日は比較的空いている曜日です。雨の心配は無さそうですし、明日は狙い目かもしれませんよ。もしかしたら放流するかもしれませんし、するとしたらカミーを入れます。
(F2 377)

2018/01/14

久々の巨鯉ゲット〜!でコーヒー券ゲット〜!

ちょくちょくライン切られました〜だとか、あの引きは鯉だな〜なんて声はよく聞きますよね?
遂に出ましたよ〜大っきなコイっ!!!!!!! 鱒も勿論カッコ良いけど鯉も渋カッチョイイ〜ですねぇ。
知ってましたか?コイを釣り上げてお持ち頂いたお客様には感謝の気持ちを込めてコーヒー券をお渡しています。そうなんです鯉を全ポンドから追放計画中なんです。狙って釣れるターゲットではないかもしれませんが片手間にコーヒー券を狙ってみては如何でしょうか?

2018/01/13

久々 カッカッカッ“カミー”登場〜!

昨日久し振りにカムループスレインボーが入荷しました(サイズ20〜35cm位)。
カナダの南西部カムループス地方固有種で、その夏冬そして昼夜の気温差が激しい過酷な自然環境の中で自然淘汰された魚達はたくましく、スチールヘッド同様に野性味溢れた強烈なファイトが特徴のレインボーです。
成長が早く体高があり太った胴体に比べると頭部が小さいのが特徴ですが、大きな特徴は体側の黒点がやや多く散在する事です。そのため、他のレインボーよりもやや黒ずんで見えます。
入荷したてで本調子ではないためまだ池へは放流していませんが、そのうち徐々に活躍してくれるはずです。
個体差がありなかなか見分けは難しいと思いますが、まずは鑑賞池で見比べてください。
(F2 377)

2018/01/12

便利グッズ 〜もうスクワットから開放だっ!〜

秦野のルアーメーカー“AALGLATT”代表の江藤さんがお友達と釣りに来られ便利な物を使っていました。タックルボックスに取り付けて使用し高さ調整が効く小物置きです。これならルアー交換等でいちいち腰を下ろさないで疲れずスマートに作業出来ます。その上には交換用のフックが、しっかり品名・サイズ毎に分けられ表示されたケースが置いてあり、江藤さんの几帳面さを垣間見た気がします。釣具店で普通に販売されているそうで「海用(アジング?)のものじゃないか」と言う事でしたが、「俺も欲しかったな〜」と友人が羨ましがりましたがちょうど1つしかなかったそうです。
そんな江藤さん、初めは「背に腹は代えられない」とご自身アールグラットの豆ルアー “ドワーフ(通称:おにぎり)”0.2gのオレンジ色を使用していましたが、その後は「普通に“サタン”0.65g(白系)のほうが釣れたそうです。ブラインドで釣ると活性の高いコーホーの小型魚が先に釣れる可能性が高く、スチールヘッドの良型を釣るにはサイトで良型の前をしっかりルアーを通す必要があり、「大型・小型魚が混ざったこの状況で、大型魚を釣るには少しコツが要りますね。」とのことでした。

※ 池を周った際、長時間の撮影、飲み込まれたルアー・フライの処理等で不用意に殺されたと思われる大型魚を5、6尾程岸際で回収しました。持ち帰らずリリースする魚の取り扱いは、長時間水から出さないようにして丁寧にお願いいたします。特に大型魚ほど酸欠に弱く、1分経たずに酸欠になります。2年近くかけて育てた魚を、自分本位の行為で無駄にしないでください。
ご自身がマラソンでゴールした後、口を塞がれることを想像してみましょう。必死に釣り人と格闘し疲れた状況で、空気中にしばらく出されたら確実に死んでしまいますよ。
(F2 377)

2018/01/11

タイニーシケイダー

セミ型ルアーは何種類かあり、どれも釣れ筋のルアーですが、今日活躍していたのはティムコのタイニーシケイダーです。少し軟質の素材の羽がパタパタ動くタイプのものです。
画像右から2番目のカラー(ハルナコ)で10尾ほど釣れたそうです。
このタイニーシケイダーは売っているお店が少ないようで、先日も探していた方が複数個購入して帰りました。開成FSには少数ですがまだ8色在庫があります。
(F2 377)

menu前ページTOPページ次ページ

Topics Board